輸出・輸入・貿易等の海外取引B2Bサポート c&f cif fob

英語版サイトはこちら

お問合せ

インド進出サポート

インド進出を考えている企業へ|インド国内のフランチャイズ事業サポート

現在インドの人口は11億人を超え、中国についで世界第二位であり、25歳以下の若年労働人口は50%を超えます。また中上流人口は2007年は3億5千万人にも及びますが、2015年には6億人にも達する消費大国になる事が予想され将来有望な国の一つであることは間違いありません。

そこに目を付けた海外投資家たちはインド国内において様々なフランチャイズ戦略をとっておりますが、残念ながら日本企業はまだまだ進出が遅れているのが現状です。

特にサービス分野への投資額の増加が顕著に見られる事から、日本の「おもてなし」の精神のサービスが差別化を生み出す事が想像できます。

そこでWBC事業部はインド進出のひとつとしてフランチャイズでの進出をお勧めしております。

a)
実現可能なビジネスコンセプトと戦略的な可能性をインド国内において請け負う事と、包括的なマーケットへ進出戦略計画の明確化。
b)
マーケティングのパートナーとして行動し、インド全域において質の高い地元のフランチャイズ・フランチャイジーとの接触。

ステージⅠ:市場参加の戦略と計画

インドのフランチャイズ計画を作成します。また可能性のある12企業を選出しインドマーケットにおいてフランチャイズの成功モデルとして導きます。

成功条件としては以下の通りです。

1.信憑性

3.知識移転能力

5.優れた規範の実現性

7.入手可能物件

9.市場のトレンドと状態

11.契約の責任と結びつき

2.差別化戦略

4.適合順応性

6.情報管理システム

8.投資回収

10.資本力

12.強い経営能力

WBC事業部は競合状況、必要な対応システム、どこの地区が有望かの市場地図などを報告させていただきますし、開発に必要な優先順位別のリスト、地域市場の状況に合わせた経営計画、価格帯やロイヤリティなどの提案等についても提案させていただきます。

可能性の評価

a) 地域範囲の判定
b)
飲食類の市場サイズ
c)
御社にとっての市場ポテンシャル
d)
ターゲット顧客の詳細

見解

a) 価格帯と付加商品
b)
お店が求めるものの選択
c)
会社のビジョンと最終目的の明確化

インド市場の地図化

a) マクロ経済の指針
b)
小売店の状況と成長率
c)
小売店の開発
d)
インド消費者の購買習慣

競合分析

a) 製品の強み・弱み、販売時期などの分析
b)
競合他社の現在の状況
c)
競合他社製品
d)
競合他社の拡大計画

お客様の動向と競合他社の見解

インド進出の戦略的計画

a)
インド国内での拡大化の為に適切なモデル
b)
インドの環境に合わせたフランチャイズ条件
c)
サブ・フランチャイズの為の拡大戦略
d)
法的な問題と納税のアドバイス

戦略的な提案

a)
フランチャイズ提案…フランチャイズの為の付加的な条件
b)
習慣の選択
c)
投資
d)
フランチャイズの利益性
e)
所得の共有
f)
経費の共有
g)
価格帯、ロイヤリティ、条件
h)
その他想定される条件

戦略の叩き出し

a)
想定される市の選択
b)
チェーン化戦略
c)
インドにおける拡大戦略

ステージⅠ:市場参加の戦略と計画

下記に述べますお勧めのキャンペーンにつては御社にとりまして可能性のあるパートナーを招待するためのもので、過程については大正期今日の明確化、場所、その企業の評価などが含まれており、質の高いインドのパートナーを募集します。

戦略の叩き出し

  1. B2Bへの雑誌広告
  2. E-mailとダイレクトメール
  3. ホームページ上での掲載
  4. ネットワーク
  5. フランチャイズや小売店のイベント

WBC事業部は国際ブランドをインド市場へ参入することに対しサポート事業を行います。
顧客のニーズに関して手の生き届いた解決方法を提案します。

  • 実現性のある研究や市場リサーチ
  • 戦略的参入計画
  • パートナー発掘
  • 実行計画

ご質問等、お気軽にお問い合わせ下さい。